オンラインギャンブルはメンタルヘルスにプラスの効果がある?!

ここ数年、オンラインギャンブルの人気がどんどんと急速に高まっています。当然ながら、世間ではギャンブル依存症とそれが社会に与える影響について懸念されていますが、責任を持ちながらギャンブルすることは、実はメンタルヘルスに役立つのです!そこで今回は、責任を持って行う限り、オンラインギャンブルは心の健康に良いといえる理由をいくつか挙げてみました。

持続的な楽しさと興奮

ゲームに勝つと最高の気分になりますが、オンラインギャンブルで脳が楽しさを実感するのはそれだけではありません。ほぼすべてのカジノゲームは、私たち人間の五感に心地よい体験を届けるために、慎重かつ入念に作られています。ただゲーム画面を見ているだけなのに、頭の中では「すごい!すごい!」という興奮が絶え間なく広がっているのです。

現代人が抱える精神的問題で最も多いのは、ドーパミンとセロトニンの不足、つまり、うつ病を患う人が多いのは周知の事実でしょう。これらの化学物質は、楽しさ、喜び、興奮、リラックスといった人間の感情をつかさどります。そこで、脳がこれらの化学物質を作り出して良い気分が続くようにするには、ギャンブルのようなテンションがグッと上がる活動に従事すべきなのです。

Online gambling concept. Man at work – Casino chips on a computer screen.

脳の活性化

オンラインギャンブルは気分を上げてくれるだけでなく、頭の回転を早める効果もあります。カジノゲームの利点については何十もの研究が出ていて、ギャンブルをプレイして生じる刺激により、脳の動きはより活発になるそうです。つまり、オンラインギャンブルは、成人した大人が脳を活性化させるためにはぴったりな方法だということになります。ギャンブルをプレイしている間は、プレイするゲームの種類を選ぶところから、ゲーム結果を見てまた再度挑戦するところまで、常に脳への刺激が生じるのです。またゲームによって、常にプレイに集中しなければならないので、脳を鍛えるにはもってこいでしょう。

社交スキル

現代では、実店舗のカジノに出かけて新しい出会いを求める人は少なくなっていますが、オンラインギャンブルであっても人との触れ合いは欠かせません。今日のオンラインカジノは、技術的に新しいレベルに達しており、まるで本物の”人”とチャットしたり、生のディーラーを見ながらプレイしたりすることができるんです。

その結果、たとえバーチャルテーブルで座り合っていたとしても、他のプレイヤーと交流しながら楽しい時間を過ごすことができます。このような社会交流は、メンタルヘルスにとってもプラスになりますし、何より家のソファでくつろぎながらこれができるのは嬉しいですよね。ただしカジノによっては、テキストチャットしかできないところもあり、それを好む人もいます。しかしながら、実際に人と話せるライブカジノもあり、オンラインで社交性を磨くことができるので、メンタル面において良い効果が現れることは間違いないでしょう。

注意力トレーニング

オンラインギャンブルがもたらすもう一つのメンタルヘルス上の効果は、精神を鍛え、集中することができるという点です。スロット、ビンゴ、トランプ、ポーカーなど、どのカジノゲームをプレイするにしても、高い集中力が必要です。絶え間なくプレイに集中することは、注意力アップのトレーニングになり、私たち人間の脳は喜びます。ゲームに入る時と抜ける時のスイッチの切り替えを習得することで、注意力はあっという間に強化されます。

以上のとおり、オンラインギャンブルをプレイするメリットは数え切れませんが、現代人にとって最も嬉しいのは、メンタルヘルスに関する効果でしょう。責任を持ってギャンブルをする限りは、脳を鍛え、ドーパミンを増やし、ゲームに勝つことさえできるのです!